劇団四季のチケット料金や予約方法、観劇の際の注意点もご紹介します

劇団四季のチケット料金や予約方法、観劇の際の注意点もご紹介します

劇団四季の観劇について

日本でもっとも名前が知られている劇団といえば劇団四季だと思います。

四季劇場や各地の大きなホールを利用した舞台を、見てみたい、と思った方も多いのではないでしょうか。
ですがミュージカルや舞台、というだけでハードルが高いような気がしてしまう、という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、劇団四季の観劇までのステップをご紹介したいと思います。

なお、今回は初めて劇団四季を見に行く、という方に条件を絞っております。
ベテランの方にはベテランなりの作法があると思うためです。

劇団四季の料金について

まずは料金の確認です。
観たい演目、劇場、日程、そして座席を確認します。
座席はS、A、B、Cのランクがあり、子供は全てS料金、学生はA料金での購入となります。
座席のランクはそのまま金額になっており、価格帯は

Sは概ね11,000~12,000円
Aは8,500~9,500円
Bは6,500円
Cは3,500円

となっています。概ね、なので、会場や時期によって上下するものと考えてください。

劇場によってはS1、A1など数字のついている座席がありますが、1がついている方がよりよく見える座席、というイメージで良いと思います。

また、非常にレアなケースで、端の、舞台袖に一番寄っている座席が設定され、Dとして売られることもあるようです。

ただ、これは劇団四季の公式サイトにも書いてあることですが、一度観てみたいな、という気持ちでしたら、Sでチケットを取ることをオススメします。

もっとも全体がよく見え、前の方の座席が設定されており、一部の舞台(キャッツやライオン・キングなど)では、演者が目の前にやってくる、素晴らしい瞬間を楽しむこともできるからです。

劇団四季の予約方法

劇団四季の座席の予約には、以下の三つの方法が代表的です。

1つめは劇団四季公式サイトからインターネット予約です。
座席表を見ながら予約することができ、クレジットカードや振込など支払い方法を選ぶこともできます。

また、チケットを自宅印刷でプリントしたり、郵送で送ってもらうこともできます。

2つめは電話予約です。
オペレーターの方とお話ししながらチケットの予約を取り、予約番号を控えておいて、当日チケットボックスで番号を使用し、チケットを発券します。
パソコンやスマホの操作が苦手、という方でも安心ですね。

3つめは当日券です。
こちらはネットで観劇前日の19時から開演2時間前まで、電話で当日10時から開演2時間前まで予約を受け付けているそうです。

劇場窓口でも販売があり、開演15分前まではその日の観劇チケットを購入可能です。

ただし、当日券は当日の座席に空きがある時のみなので、休祝日は出ていない可能性が高いですし、また公演初日や千秋楽も当日券が出ないことがほとんどです。

以上を踏まえると、確実に見たい時はインターネットか電話で予約をし、急にふらっと観ようか、と思った時には当日券の販売の利用が良いと思います。

観劇の準備について

劇場は映画館と違い、飲食が禁止され、また途中退場も難しいことが多いです。
また、音を立てないようにする必要があります。

アメを口に入れるちょっとの動き、音でも非常に目立つので、もし喉が痛い、咳が出てしまうなどの状況であれば、出来る限り対処をしてから向かうことをオススメします。

なお、劇団四季の劇場にはドレスコードなどはありません。清潔感のある普段通りの格好をして行けば大丈夫です。

当日のロビーについて

劇場では開場から開演まで少し時間がありますので、好きな時間に入場できます。四季劇場はお手洗いが多いので、慌てずに身支度を整えましょう。

座席では飲食が禁止されているので、飲食はロビーで済ませておきましょう。

お土産などの販売もありますので、何か欲しいものがある時は早めに入場して購入しておくといいかもしれません。

当日の観劇について

劇場はかなり静まりかえります。
手荷物や服が擦れる音くらいは大丈夫ですが、前述した飴玉の音やビニール袋やチラシのガサガサという音は響きます。

オペラグラスの開閉する音もかなり目立ちますので、劇が始まる前に開いておくことを強くオススメします。

また、スマートフォンの電源を切らないのは映画館と同じく言語道断ですので、必要な連絡は事前に終えておき、観劇中は自分や周りの人が、舞台上の世界にどっぷりと浸かれるようにしておくことがマナーです。

どうしても姿勢が疲れてしまう時などはあると思うので、そういった時はなるべく静かに姿勢を変えると良いでしょう。

劇団四季を観劇するにあたってのまとめ

以上、色々と細かく説明してきましたが、参考になりましたでしょうか。
ポイントは

・観たい劇の劇場、座席を確認し、金額を確かめておく。
・予約可能な日付を確認し、インターネットまたは電話で予約するか、当日劇場へ向かう。
・当日は音のなるものをあまり持たずに向かう。
・事前にロビーで飲食やお手洗いを済ませる。
・静かに世界を楽しむ。

というところです。

ハードルは決して高くありません。
ぜひ、一度劇場に足を運び、その世界を観てきてください。