京王電鉄 京王線の時刻表・路線図と京王バスの予約や種類をまとめました!

京王電鉄 京王線の時刻表・路線図と京王バスの予約や種類をまとめました!

京王電鉄は、東京・新宿を起点として多摩地区や神奈川県相模原市を結ぶ大手私鉄のひとつで、通勤通学客から買い物・レジャー客まで、多くの人々に利用されています。また、グループ内の京王電鉄バスが沿線に路線バスを運行するほか、中央高速道路を中心に高速バスも運行しています。今回は、京王電鉄の鉄道路線や高速バスについて紹介します。

京王電鉄の本線は新宿と八王子を結ぶ「京王線」

どの大手私鉄にも、いわゆるメインルートである「本線」というものがあります。京王電鉄の場合、路線名に本線と名のつくものはありませんが、東京のターミナル駅である新宿駅と、東京都八王子市の京王八王子駅を結ぶ路線が本線格で、路線名はずばり「京王線」と言います。

そして京王線・京王八王子駅のひとつ手前である北野駅から分岐し高尾山口駅まで伸びているのが「高尾線」です。駅名からわかるとおり、高尾山へハイキングに行くときにはみんながお世話になる路線です。

京王線の調布駅からは、多摩ニュータウンにある京王多摩センター駅を経由して神奈川県相模原市の橋本駅とを結ぶ「相模原線」もあります。多摩ニュータウンを経由するだけあって、たくさんの人が利用しています。

ひとつややこしいのが「京王新線」の存在です。京王電鉄の電車は、都営地下鉄新宿線と相互乗り入れをして本八幡駅まで運行しています。京王線から都営地下鉄新宿線へと直通する電車は、京王線の笹塚駅から「京王新線」に進みます。そして京王新線にも新宿駅があるのですが、こちらのホームが京王線の新宿駅とは少し離れているのです。

便宜上、京王線の新宿駅を「新宿」、京王新線の新宿駅を「新線新宿」と呼んでいます。

京王電鉄には、短い支線もいくつかあります。東府中駅と府中競馬正門前駅を結んでいるのが「競馬場線」。そして高幡不動駅から多摩動物公園駅までを結ぶのが「動物園線」です。

最後に、忘れてはならないのが「井の頭線」です。渋谷と吉祥寺を結ぶ井の頭線は、京王電鉄の他の路線とは線路がつながっていませんが、沿線の人口が多い上に高校や大学なども多く、いつも混み合っています。こちらも京王電鉄にとってはとても重要な路線です。

路線図を見てもわかりにくい!? 京王電鉄の電車の種類

京王電鉄の電車には、たくさんの種類があります。種類といっても電車の形式の話ではなく、特急や急行、快速といったほうの「列車の種類」です。専門用語では「種別」と言うそうですね。

駅構内や電車の車内には必ず路線図があり、どの列車がどの駅に停車するのかは表示されているのですが、種類が多く毎日乗っている人でないとわかりにくいところがあります。遅いほうから速いほうへと、順番に並べましょう。

遅い:各停
↓  快速
↓  区間急行
↓  急行
↓  準特急
↓  特急
速い:京王ライナー(夕方ラッシュ時の下りのみ)

「各停」は、各駅停車の略で、すべての駅に停車します。これは誰でもわかりやすいですね。

そして「準特急」や「特急」という速い列車がありますが、これらに特急料金は必要ありません。追加料金を払うことなく、誰でも乗車できます。

最後の「京王ライナー」は夕方の帰宅時間帯だけ走っている列車で、全席座席指定制です。乗車券のほかに、座席指定料金が必要になります。

なお、井の頭線には「各停」と「急行」しか走っていません。

路線図や列車の種類、駅の情報や時刻表は、京王電鉄Webサイトでチェックしましょう。

 

京王電鉄Webサイト
https://www.keio.co.jp

東京と富士山や山梨方面などを結ぶ京王電鉄バス

京王電鉄グループの「京王電鉄バス」についても紹介します。

まず路線バスは、京王電鉄の沿線にくまなく路線をもっているので、沿線にお住いの方や通学されている方であれば、お世話になっていることでしょう。

ここでは主に、高速バスについて触れます。

京王電鉄の鉄道路線と並行するように、中央高速道路(中央道)が通っています。京王電鉄バスは、この中央高速道路を経由する高速バス路線を運行しているんです。また、関西方面や東北方面などへの路線も運行しています。

主な方面は次のようになっています。

・山梨、長野、群馬、岐阜方面(中央道・上信越道経由)
・静岡、愛知、関西方面
・宮城方面
・千葉方面(多摩地区発着のみ)

上記の各方面のうち、中央道を経由する路線については「中央高速バス」と呼ばれ、他のバス会社と共同で運行し、本数もたくさんあります。

中央高速バスの中でもメインルートと言えるのが、新宿〜甲府の路線と、新宿〜富士五湖の路線でしょう。また、夏場には新宿〜富士山五合目の路線も走っています。

とくに富士五湖や富士山へ行く路線は、外国人観光客の方々にも人気の路線で、乗りたい当日にチケットを買おうと思っても満席になっているケースもあります。できれば、予約して利用したいものです。

京王電鉄バスのWebサイトで高速バスのページを見ると、各路線の紹介とともに、「ハイウェイバスドットコム」という高速バスの予約サイトへのリンクが貼られています。

「ハイウェイバスドットコム」では、高速バスの路線の詳細や運賃表、時刻表が確認でき、もちろんその場でインターネット予約が可能です。決済にはクレジットカードのほかに、コンビニ払いや高速バスターミナルの窓口払いもできるので、クレジットカードをもっていない学生さんでも安心してください。

京王電鉄バスWebサイト
https://www.keio-bus.com

まとめ

京王電鉄の鉄道路線は、東京西部の方々にとってはなくてはならない「生活の足」です。列車の種類は多くて覚えるのが大変ですが、東京の大手私鉄の中ではあまり混雑がひどくなく、電車のスピードも速いし、なにより沿線には落ち着いた雰囲気の街が多いのが魅力です。

一方京王電鉄バスは、富士五湖方面や甲府方面を中心としてたくさんの高速バスを走らせていて、レジャーはもとよりビジネスユースでも多くの利用客があり、こちらも地域にとってなくてはならないものになっています。

みなさんもぜひ、京王電鉄や京王電鉄バスを活用して、充実した日々を送ってください。