小僧寿しのメニュー・店舗・アプリの魅力とは?歴史やこれからの期待も語ります!

小僧寿しのメニュー・店舗・アプリの魅力とは?歴史やこれからの期待も語ります!

小僧寿しは今の30代や40代の人なら子供の頃お寿司といえば小僧寿しと連想するほど人気がありました。

しかし今現在は当時の勢いなどはあまり感じられません。ただし今もなお小僧寿しはフランチャイズ店舗として持ち帰りのお寿司を主に販売しています。これから紹介するのは小僧寿しの歴史やこれからの期待について主に書きたいと思います。

またアプリなども2018年に出たのでそちらの方も少し紹介していきたいと思います。

小僧寿しの始まりと現在まで

小僧寿しの最初の店舗は1964年にできたスーパー寿司の鮨桝が始まりです。そして1970年にシンエーフーズが小僧寿しとして事業を始めます。1972年には小僧寿しの本部を設立し本格的なフランチャイズ展開を始めました。

そしてフランチャイズ展開をする事によって1980年にはを店舗数が全国で2000店舗にもなり、この時代のお寿司文化を牽引してきました。

その前の年の1979年には外食産業の全国第1位にまで上り詰めました。そして1990年には「susih花館」として店舗展開を始めます。この頃はまだ回転寿司などがあまりメジャーではなかったのでお寿司といえば持ち帰って家で食べるものとして親しまれていました。しかし回転寿司が2000年以降徐々に台頭が出始めて小僧寿しもそれに押される形となり2012年頃を境に店舗数も少なくなってきました。

小僧寿しの現在

今の小僧寿しは昔ほどの勢いはありませんが持ち帰り専門のお寿司屋さんとして売り上げを出しています。回転寿司が人気の今ですが小僧寿しも回転寿司を過去店舗数として出していましたがあまり上手くはいきませんでした。

そこで小僧寿しは本来のお持ち帰りのお寿司店として独自の店舗を守ってきました。現在での店舗数は直営店とフランチャイズ店合わせると約300店舗あります。

小僧寿しのメニュー

小僧寿しのメニューは彩り豊かなメニューが多くあります。昔も色々な寿司ネタがあり各家庭の内祝いやイベントなどがあるとこぞって買いに行っていました。クリスマなどでもケーキと一緒にお寿司を買うというようなバルブの時代ではそう珍しくはありませんでした。

主なメニューはやはりマグロや、サーモン、などの人気のネタを中心に多くのお持ち帰りメニューがあります。小僧寿しでは季節ごとのイベントメニューやマグロ祭りどと言ったものを定期的に行なっています。

小僧寿司の特徴としては日本の行事や季節によって特別メニューがある事が特徴的です。例えば「七五三お祝いフェア」や「お盆納涼フェア」などと言った日本の祝い事や季節感を大事にしています。

小僧寿しの店舗

小僧寿しの店舗は日本全国に展開しています。北海道から沖縄までおよそ合わせて320店舗あります。その中でも千葉県が59店舗もあり東京都が48店舗となっていて、千葉県が1番店舗数が多いです。逆に北海道などは6店舗ほどしかなくて、やはり北海道は美味しい魚が取れるので逆に店舗数が増やしにくいのかもしれません。

そして意外にもと言ったら失礼かもしれませんが、四国に多く存在しています。高知県が19店舗、徳島県が13店舗、香川県が10店舗で、少し少なくて愛媛県が3店舗となっています。理由は分かりませんが、家でお寿司を食べる文化が根強くあるのかもしれません。

小僧寿しのアプリ

小僧寿しはお持ち帰りできる事をさらに便利にしてもらうためにアプリを導入しています。スマホからお見せを検索して事前に注文する事で、すぐに出来上がった状態で受け取れる事ができるものです。

このアプリはサン電子株式会社が企画開発して作られたもので、2018年の2月に公式アプリとして使えるようになってなっています。

このアプリを見てみますと、とても分かりやすく作られているので最初に使うひとでも迷う事なく注文する事が出来ると思います。お持ち帰りの店舗としては電話で注文するよりもアプリで注文した方がメニューも分かるしじっくりと考えて選ぶ事が出来るのがメリットと思います。

小僧寿しはアプリなどを使ってより便利に買う事ができるようになっているので、これからのお寿司業界はこのようなアプリやインターネットといった他の業種との提携が拡大のきっかけになるのかもしれません。

小僧寿しのこれからの期待

小僧寿しは現在の回転寿司業界に押され気味ですが、過去の小僧寿しの栄光を知る者にとっては巻き返してもらいたいと密かに思います。アプリなども2018年に出たばかりですので、これからは如何に回転寿司よりも魅力的に見せるかが大きなポイントになってくると思います。

お持ち帰りとしてお寿司業界を牽引してきた功績は素晴らしいものですが、その事にとらわれていては今の外食産業は難しいと思います。子供の頃お寿司といえば小僧寿しと親しんでいたあの時代が来る事を期待しています。