スガキヤの店舗やメニュー、通販の情報をまとめて調査しました

スガキヤの店舗やメニュー、通販の情報をまとめて調査しました

スガキヤは、シリアルを中心とした食品を提供する企業で、東海地区、関西・北陸地区、静岡地区を中心に展開しているファストフードのチェーン店です。昭和21年に名古屋に店を構え、その後は愛知県を中心として勢力をのばす中で、本社であるスガキコシステムズ株式会社を名古屋に置き、現在は、上海などの海外にも店舗をオープンするなど、たいへん勢いのある企業といえます。

スガキヤの店舗について

まず、愛知県を中心に静岡・岐阜・石川・三重・滋賀・福井・奈良・大阪・京都・兵庫に「Sugakiya」は展開されており、大きなショッピングモールなどの中に入っていることが多いです。

また、「らーめん寿がきや」としては、岐阜・愛知・静岡・三重の4県を中心に営業しております。その他にも、和食として、「博多うどん木村屋」は愛知県に3店舗、同じく博多うどんが味わえるお店として「一得庵」が名古屋市に1店舗展開されています。

最近では、2018年6月21日に「天ぷらスガキヤ 万松寺通り店」が名古屋市にオープンし、サクサクの揚げたて天ぷらが食べられるとして注目されています。このように、スガキヤ関連の店舗数は平成30年3月末日の集計では、364店舗あることがわかっています。

スガキヤのメニューについて

「Sugakiya」では、ラーメンを500円までで提供しており、季節限定商品として「ピリ辛ネギラーメン」や「野菜たっぷり担々麺」なども味わうことができます。100円の追加料金を払えば、大盛りに麺の量をしてくれるので、大食漢の人や育ち盛りの若者には有り難いシステムとなっています。

他にもサイドメニューとして、300円未満の料金で甘味を味わうことができますし、ラーメン以外にもご飯物を食べたい人には「炭火焼き豚丼」や「五目ごはん」を安価で頼めるように工夫されています。

また、お子様メニューや平日限定のセット、そしてサラダや甘味を選べるセットもあるのですが、全体的に注文しやすいリーズナブルな値段設定となっています。

次に、「らーめん寿がきや」では、普通の「Sugakiya」では扱っていない「辛みそラーメン」や「赤・黒・味噌」といったスープにこだわったラーメンが提供されています。

また、肉汁したたる餃子も売られており、店内はビールを注文し、餃子を頬張る会社帰りのサラリーマンで賑わっています。他にも唐揚げなどのセットメニューもすることができるので、満腹感を味わうことができます。

さて、「博多うどん木村屋」ですが、いりこをふんだんに使用し、薄口醤油で仕上げた出汁のきいたつゆが美味しい、モチモチ食感の博多うどんを提供しています。

ここでは、様々な天ぷらとともにうどんを楽しむことができるだけでなく、この天ぷらを使った丼物が老若男女の全ての層に人気があります。

最後に、「天ぷらスガキヤ」では、揚ったばかりの天ぷらを自分で盛り付けて「丼」も「定食」も作るというセルフシステムをとっていますので、自分の好きな具財を、好きな分量だけチョイスできるため人気があります。

スガキヤの通販について

寿がきやでは、通信販売もおこなっており、楽天市場やヤフーショップの食品ショップにスガキヤの直営店が設けられています。そこからインターネット注文をすることができますし、もちろん寿がきや食品(株)の通信販売担当へフリーコール(0120-537417)を利用して、直接商品の注文をおこなうこともできます。

そこでは、美味しいだしやつゆ、おでんのもとや料理用の調味料以外にも、袋入りやカップ式のノンフライ麺シリーズやフライ麺シリーズ、そして、生タイプの麺なども提供されています。

なかでも、チルド生麺の「味噌煮込みうどん」は、本場の名古屋の味をご家庭の食卓へと届けてくれます。また、最近リニューアルされた「プレミアム味噌煮込みうどん1人前」は細部にまでこだわった最高の味となっており、おすすめの一品です。

寿がきやの通販サイトでは、春夏・秋冬と2バージョンに分けて、毎年通販のパンフレットを作成していますので、そちらをインターネットでダウンロードしてチェックすると良いでしょう。

また、まとめて発送できると、700円の運賃値引きをしてくれるという、お客様ファーストのシステムともいえます。

まとめ

スガキヤグループの店舗、また通販サイトでは、常にお客様が飽きないように、新商品の開発にも力をいれております。ですから、何度でも店舗に足を運びたくなり、また注文をしたくなるように研究が重ねられています。

また、お客様への食の安心・安全をモットーとしており、品質管理や衛生管理面だけでなく、わかりやすいアレルゲン表示を取り入れるなど、徹底した配慮がおこなわれています。 その温かい精神は、スタッフの採用や教育にも反映されています。

食器の返却時やお会計時にお客様との心の交流を図る職場としても有名で、これがお客様に「また来たい」と思わせる雰囲気作りになっているとも言われています。