湘南新宿ラインの路線図や停車駅は?時刻表とグリーン車の料金もお調べしました

湘南新宿ラインの路線図や停車駅は?時刻表とグリーン車の料金もお調べしました

湘南新宿ラインとは東海道本線と高崎線、東北本線と横須賀線を相互直通運転する列車の系統路線名であり、正式には湘南新宿ラインという路線は存在しません。湘南新宿ラインとして系統路線名が名付けられて運転が開始されたのは2001年12月1日の事でした。
湘南新宿ライン誕生の背景にはJR東日本の首都圏の在来線輸送量が落ち込みつつあった事や競合する他の鉄道会社が相互直通運転を開始した事への対抗などがありました。こうして神奈川と埼玉を新宿経由で結ぶ列車を設定する事になったのが湘南新宿ラインです。

湘南新宿ラインの路線図と停車駅

湘南新宿ラインの路線図はJR東日本のホームページなどで見る事が可能です。JR東日本のホームページでは駅名をクリックすると駅の詳細が表示されみどりの窓口の営業時間や接続路線の情報などを閲覧する事が出来ます。湘南新宿ラインの列車は東海道本線と高崎線を結ぶ系統の列車と横須賀線と宇都宮線を結ぶ系統の列車が運転されていて、大船と大宮の間は両系統の列車が全て通ります。
また、湘南新宿ラインでは大船側から大宮側に向かう列車を北行き、その逆に大宮側から大船側に向かう列車を南行きとして案内しています。東海道本線と高崎線系統の列車は東海道本線小田原駅から高崎線の先、上毛線と両毛線を通り前橋駅まで運転されています。列車種別は普通と特別快速が運行されており、停車駅は小田原、(鴨宮)、国府津、(二宮)、(大磯)、平塚、茅ヶ崎、(辻堂)、藤沢、大船、戸塚、横浜、武蔵小杉、大崎、(恵比寿)、渋谷、新宿、池袋、赤羽、浦和、大宮、(宮原)、上尾、(北上尾)、桶川、北本、鴻巣、(北鴻巣)、(吹上)、(行田)と熊谷以北全ての駅です。()内の駅は特別快速の通過駅で、普通は大宮駅と戸塚駅の間では種別が快速となります。横須賀線と宇都宮線の系統は逗子駅から宇都宮駅までを結んでいます。列車種別は全区間普通のものと横須賀線から大宮駅まで普通で宇都宮線のみ快速となる2種類の列車が運転されています。
停車駅は逗子から大船までは各駅に停まり、大船から大宮までは東海道本線、高崎線経由に加えて東戸塚、保土ヶ谷、新川崎、西大井にも停車します。同じ快速の列車種別であっても東海道本線、高崎線経由とは停車駅が異なっているので注意が必要です。大宮以北の停車駅は大宮、(土呂)、(東大宮)、蓮田、(白岡)、(新白岡)、久喜、(東鷲宮)、(栗橋)、古河、(野木)、(間々田)と小山から宇都宮までの各駅です。
()内は快速の通過駅となります。

湘南新宿ラインの時刻表とグリーン料金

湘南新宿ラインの時刻表はJR東日本のホームページなどで見る事が出来ます。JR東日本のホームページでは駅毎の時刻表や遅延状況などの確認も可能です。湘南新宿ラインの列車にはグリーン車が連結されており、乗車券とは別にグリーン券を購入する事でグリーン車に乗車する事が出来ます。
グリーン料金は50km以下の距離と51km以上に分かれており、平日料金とホリデー料金も異なります。ホリデーに該当するのは土曜、日曜、祝日と振替休日、12月29日〜1月3日です。駅で購入する場合の料金は平日の50km以下で770円、51km以上が980円で、ホリデーは50km以下が570円、51km以上が780円とホリデーの方が少し安くなっています。ただし注意しなくてはならないのがこの料金は事前に駅で購入した場合という事です。
グリーン車にグリーン券を持たずに乗車し、車内でグリーン券を購入した場合は料金が割り増しになってしまいます。車内で購入した場合は平日の50km以下が1030円、51km以上が1240円、ホリデーの50km以下は830円、51km以上が1040円となってしまいます。駅で事前に購入していない場合は例え券売機が混雑していたなどの理由であっても車内販売の価格になってしまいますのでグリーン車に乗車する際は前もってグリーン券を購入しておくようにしましょう。また、デッキや通路などに立ったまま乗車する場合でもグリーン料金は発生しますのでご注意下さい。

満席で普通車に移動する場合は車内改札の前に業務員(グリーンアテンダント)に普通車に移る事を伝えて下さい。また、車内でグリーン券を購入する際の支払いは現金のみでの対応となります。モバイルSuicaでグリーン券を購入する場合のグリーン料金は駅で事前に購入した場合と同額です。

まとめ

湘南新宿ラインの誕生は他の鉄道会社にも影響を与えました。東京急行電鉄では2001年に特急運転を開始、小田急電鉄でも藤沢駅と新宿駅の間に新たに湘南急行という種別を設定しました。
このように東京やその周辺の鉄道の変化に対応して誕生し、さらに変化を後押しした湘南新宿ラインですが、今後はJR東日本と相模鉄道の相互直通運転が開始される予定となっており、この相互直通運転のルートが湘南新宿ラインのルートを通る事から湘南新宿ラインにもなんらかの変化があるかもしれません。今より便利な湘南新宿ラインになる事を期待しましょう。