運転免許更新の期間・時間・視力検査・持ち物について解説していきます!

運転免許更新の期間・時間・視力検査・持ち物について解説していきます!

初めて自動車の運転免許を取得した方にとって、免許更新はどのような手続きになるのか、どのようなことをするのかなど、わからないことはたくさんあります。

また、一度免許更新を経験している人でも、次回の更新時までに内容を忘れてしまったという方や、あるいは「いつもは運転免許センターに行って更新しているけれど、今回は行けないので、その場合はどうするべきなのか」などの疑問や不安がある方もいらっしゃいます。

そのような方々に向けて、今回は「運転免許更新の期間や時間、視力検査、持ち物」についての解説をいたします。

運転免許更新の期間とは

運転免許更新は、一般的には「免許の書き換え」という言い方をされています。
運転免許には有効期限があり、その期限が切れる前に更新手続きを行う必要があります。

「自分の更新はいつすればよいのか」と思われる方は、まずはご自身のお誕生日の35日前までに届く「運転免許更新通知書」というはがきを待つことになります。
お住まいの都道府県の公安委員会から送られてくる「運転免許更新通知書」には、更新期間と申請する場所、受付時間、更新にあたっての手数料と講習料、持ち物の詳細が記載されています。

お手持ちの運転免許証を確認していただくと、有効期日が記載されています。
有効期日は、誕生日の1か月先までの日付となっています。

そのため、「運転免許更新通知書」に記載されている更新期間は、誕生日の前後合わせて約2か月間の開始および終了年月日になります。
「運転免許更新通知書」が届いたら、その期間内であればいつでも申請場所へ更新に行くことが可能です。

講習を受ける場合は、免許更新の申請場所によって指定されている日があるため、事前に問い合わせをするとよいでしょう。

運転免許更新の時間とは

免許更新の申請場所となっている会場によって異なります。
「運転免許更新通知書」に記載されている運転免許センターや試験場での更新の場合は、通知書の案内に沿う形となります。

指定された申請場所に行くことができない場合は、お住まいの近くの警察署でも申請することが可能です。
ただし、どの警察署も申請を受け付けているかどうかは、地域によって異なります。

もし、警察署での免許更新申請を希望する場合は、お近くの警察署に確認が必要です。
その場合、いつ運転免許更新の申請に行けばよいのかという時間の問い合わせもしておくとよいでしょう。

運転免許更新の視力検査とは

具体的に、免許更新においてどのようなことをするのかという内容は、主に視力検査になります。

やはり安全に運転できる能力があるかどうかが重要になりますので、現時点の視力がどのくらいかを検査する必要があります。
視力検査の方法は、一般的に眼科や病院の健康診断で行っている方法と同様です。

また、裸眼ではなく眼鏡やコンタクトレンズを着用している場合は、その旨も正確に申請し、着用状態での視力検査を受ける必要があります。
両目で0.7、片目でそれぞれ0.3以上であれば、運転可能な視力を持ち合わせていることになり、合格となります。

運転免許更新への持ち物とは

運転免許更新の際に持っていくものは、「運転免許更新通知書」に記載されています。
なんと言っても欠かせない持ち物が「運転免許証」です。

運転免許証は、申請の際に窓口へ預けて回収される形となりますが、免許センターや試験場、更新手続きと同日に講習を行っている警察署での更新の場合は、免許証を即日発行してもらえます。
更新手続きと講習が別々の場合は、新しい免許証の交付に数日から数週間要する場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、公安委員会から送付されてきた「運転免許更新通知書」のはがきも必要になります。
通知書に記載されていた手数料と講習料も忘れないように用意して持参する必要があります。
眼鏡やコンタクトレンズを着用して運転する方で、特に運転時にのみ眼鏡を着用される方は、眼鏡も忘れずに持参しましょう。

その他、新しい免許証に使用する写真の撮影が行われるため、身だしなみを整えるためのものを持っておくと安心でしょう。

まとめ

以上が、運転免許更新にあたっての期間、時間、視力検査、持ち物の解説になります。
更新手続きそのものは、特に難しいことをするわけではありません。
視力検査の他は、新しい免許証に使用する写真の撮影、申請書への記入が行われます。

また、更新にあたっての講習は、交通安全や安全運転に関してのDVDを見たり、配布される教本で、運転についての大切な事項について行われる解説を聞いたりすることになります。

なお、運転免許更新においては、年齢や講習区分によって受ける講習内容や料金が異なってきますので、必ず「運転免許更新通知書」を確認しておきましょう。
不明な点があれば、あらかじめ公安委員会に確認しておくと安心です。

免許の更新は、はじめは難しそうに思えるかもしれませんが、一度経験することでおおまかな流れをつかむことができます。
免許更新と共に、交通安全と安全運転への意識も一緒に初心を取り戻せるよい機会であると言えます。